ネオ大和撫子への想い クルーザーで 旅して 恋して オシャレして♪ その3 プールサイド編♪

この記事は3分で読めます

IMG_20150615_140301

みなさま

ごきげんよう♪

ネオ大和撫子代表のアベマキコです♪

 

ネオ大和撫子とは、

日本人としての誇りを持ちながら、

日本人女性の魅力、

たとえば、艶のある美しい黒髪等、外見的な要素のみならず、

品格・美学・哲学といった精神性や身のこなし、ふるまい、人付き合いといった魅力を最大限に出しつつ、

国際的に通用するマナーやファッション力を鍛え、

海外においてどのような場面でも堂々とふるまえる女性を言います。

 

若いうちは、時間は有限という実感はなく、無限に続くかのような感覚で生きていましたが、

最近は、人生は一度きり!ということがようやく理解ができるようになった気がします。

 

そうした中で、どうせ一度きりならばまだ見ぬ知らない世界について、どんどんチャレンジできる人生を、

それも一人で学ぶのではなく、一緒に学ぶ仲間を募って、

大人の遊び心を刺激しながら、

思いっきり『非日常のラグジュアリー』な体験を満喫できるよう勉強していきたいなぁと思うようになりました。

 

非日常のラグジュアリーへの階段へは、

いますぐ、にでなくても、

【それぞれの人生プランで実行していく】でよいと思っています。

 

ただし、理想の未来像を描いたとして、

それに向かっていまできることをする

つまり、

準備を進める」ことがとても大事なことです。

 

しっかりと準備を進めれば、

思い描いていなかった自分の人生の設計図に、

思い描く理想の未来像が描かれるので、

不思議と人生ってそちらに向かっていけます

 

そして、無理無理!と思っていた、その思い込みは、

ただ単に自分が勝手に作っていた限界だった、ということがわかってきます。

 

このブログに少しでも高揚感をもったあなたに、

その「高揚感」は、あなたの内面から出たものですよってことをお伝えしたいです

つまり、あなたの中には、この理想の未来像は、

理想ではなく、もうすでに組み込まれている設計図があるからこそ、「高揚」できた、ということなんです。

ぜひワクワク・ドキドキしたあなたと一緒にネオ大和撫子として学んでいきたいです!

 

さて、今日は、クルーズの中プールサイドに注目をしたいと思います♪

c4

四方を海で囲まれたクルーザーでは、思いっきり鮮やかなビーチウェアで装うのが、粋ですよね!

私が提案するビーチウェアは、ただ水着を着ればよい、ではなく、

水着とセットアップで、

ぜひビーチドレスやセットのパンツで、より優雅にプールサイドを演出してください!!!

たとえば、こうしたビキニには、

crp2

ちょっとビキニ姿で歩くのではなく、こうしたパンツをはいて、移動したり、

crp4

もっと言えば、こうしたカフタンドレスを着て、優雅な時間を過ごしてほしいと思います。

crp3

ほかにも、こういうワンピースの水着だけではなく、

crp6

ちょっとプッチを羽織っちゃう♪

crp5

太陽に映えるように、このくらい思い切った柄を、

crp7

ワイドパンツで楽しんだり。

crp10

こうしたビーチドレスで、プールサイドをしゃなりしゃなりしていただきたいです♪

crp8

そしてぜひ実践していただきたいのは、

1枚の水着でクルーズを楽しむのではなく、

10日間のクルーズなら、最低は8着、ベストは毎日違う水着で過ごす!くらいの意気込みがあると素敵ですね~

 

私がN.Y.にいたころ、クリスマスからお正月にかけては、よくバハマやセント・マーチン、セント・トーマス、アカプルコ、プエルトリコといったところに遊びに行きましたが、

そこで学んだのは、水着を優雅に着こなす欧米人たちでした。

日本人みたいに、水着を着てそのままではなく、

ちゃんとセットアップのビーチドレスを着て、ゴールドのアクセサリーをじゃらじゃらしたり、

とにかくどーよ感が半端ない、ゴージャス感たっぷりな、ビーチでの美しい装いのオンパレードでした!

 

最近日本の百貨店でも、ビーチドレスを売るようになりましたが、

欧米では、もうそれは当たり前の習慣であり、

そういった意味で、

ネオ大和撫子たるもの、

ビーチウェアも手を抜かずに、エレガントでマチュアな大人の演出を心がけましょう~!

 

さきほどの水着には、こうしたブレスレットを一つ手元につけるだけで、かなりゴージャスになりますし、

crp9

ビーチサンダルだけでなく、こうしたサンダルが一つあるだけでとてもエレガントになります。

crp11

もちろんサングラスも装いの楽しみの一つですよね!

crp12

 

クルーズでのプールサイド、ここでも非日常のラグジュアリーを楽しみましょう!

明日は、「ディナー前のアペリティフ編」をお届けします!

引き続き、読んでみてくださいね~

 

IMG_20150615_140301

↓ こちらをクリック♪

logo1_3

サロン・ド・リシェスWEBへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 12
  2. DSC07461.jpgshukushou
  3. IMG_0432
  4. DSC00216.jpgshukushou
  5. DSC07330.jpgshukushou
  6. DSC08479.jpgshukushou
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

サロン・ド・リシェスとは

代表あいさつ

お問合せ

リシェスへ

リシェスバナー

サービス内容

サービス内容

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。