お買い物同行サービス@カメオ 究極のカメオが・・・!

この記事は3分で読めます

DSC04905.jpgshukushou

みなさま

ごきげんよう♪

ファッションコンサルタントのアベです♪

今日は前回のカメオのお茶会が終わった後すぐにご依頼があったのですが、コレクターの山口氏が溝口にあるフィオーレの森という美術館に出展なさっていた関係で、伸びに伸びた次第でございます。

前回のカメオのお茶会の動画の様子はこちらにてご覧くださいませ♪

DSC03901.jpgshukushuoDSC03949.jpgshukushou

3月お茶会長いバージョンtrim.609FA4FF-0966-4C5A-B0AE-AC76212F5695

ご依頼がありましたのはG.T.様、いつも撮影に快くご協力いただき感謝申し上げます♪

まずは一通り見ていただき、

DSC04904.jpgshukushou

額装も素敵だけれど、今回は自分で身に着けられるカメオが欲しいと言うことで、10点ほど候補を絞り、

私やコレクターである山口氏の意見を参考にしながら、どんどん絞っていきました。

その間、お茶を飲みながら、カメオを彫るのがいかに大変かを体験していただき、

DSC04892.jpgshukushou

カメオの彫り方をコレクターである山口氏本人が教えてくださっています。

DSC04897.jpgshukushou

改めて作品を見ると、どうやってこの繊細なレースを彫るの?なぜこんなに細やかに彫れるの?と新たな感動がわいてきます。

さて、今回カメオをしぼるときに、面白いハプニングがありました。

コレクターの山口氏が、看板に使っていたカメオで、こんなのもありますよ、とご紹介だけのつもりで見せてくださいました。

それが、こちら♪

カルロ・パルラーティー(CARLO PARLATI)の作品です!

DSC04894.jpgshukushou

きゃーーーこれが本物のカルロかーーー

なんというエネルギーの高さ!彫りの力強さといい、こんなの見たことない!と思いました。私もお写真でしか山口さんのカルロは見たことがなかったのでとっても感動しました。

カルロ氏はもうすでに亡くなっているので、本当に手に入れたい人にとってはお宝中のお宝。

ある人に1000万円はくだらないよこれ、と言わしめた作品だそうです。

簡単にご紹介しますと、

「亡きいまも絶大な人気、シェルカメオの巨匠」

一世を風靡した巨匠です。ダイナミックで躍動感あふれる表現力は鬼気迫るものを感じます。その作品には「光」「影」「力」の存在を意識させるものが多く、抽象的なデザインやギリシャ神話などを題材にした特異な世界を表現したものも多数。

作品の好き嫌いはハッキリしてしまいますが、亡き今も絶大な人気を誇るアーチストです。」(参考文献 カメオの世界 藤井明著 繊研新聞社 p.95)

山口氏にとってもラストのカルロの作品であったため、ちょっとお見せするつもりが・・・

私はプロですからはっきりと似合う似合わないはお告げしますが、もうG.T.様にはこれしかないというくらいダントツにお似合いでした

この波動の高さを共鳴できる人は本当に少ないと思うので、ぜひお嫁入り先はこの方に!と山口氏を説得(笑)。

こちらホワイトゴールドをベースにダイヤモンドとブラックダイヤモンドでとりかこんだカルロの作品に相応しいゴージャスな枠です。

山口氏の持っているモノの中で一番高価なものとのこと。

素晴らしいものをお薦めできたことは何よりです。

カメオはある程度の大きさがあった方が世界観が表現できているので良いというアドバイスのもと、悩みに悩んだ末、下記の4点に決定いたしました!

DSC04893.jpgshukushou

どれも素晴らしい作家ものの作品です。

先ほどご紹介したカルロ・パルラーティ

DSC04894.jpgshukushou

チーロ・マッツア(CIRO MAZZA)の三美神♪

DSC04895.jpgshukushou

この見事なレース感!本当にため息の出る美しさです。チーロ・マッツアはまだ若いのですがもう彫っていないので、そういう意味では非常にお宝の価値があります。

マリアーノ・アキート(MARIANO ACHITO)の女性像

DSC04896.jpgshukushou

これも素晴らしい作品です。女性像に非凡な才能を発揮している作家と言われ、カメオ選びに困った時はアキート、と言われるくらいに人気絶大な作家です。

こちらは胸にブローチとしてつけた時の存在感や華やかさがひときわ目立つ、ジュエリーとして使われるとすごく輝きだす魅力あふれるカメオでした。

ロザリオ・メンネッラ(ROSARIO MENNELLA)

DSC04898.jpgshukushou

こちらはもう説明の要らないほど、人気急上昇の作家です。現代風の特徴的な顔立ちのカメオは、洋服を選ばずつけこなせる数少ないモノだと思います。黒ベースのお洋服がG.T.様は多いので、オニキスがつかわれているこちらの作品をお薦めしました。

チーロ・マッツアとロザリオ・メンネッラの作品はまだルースなので、これから18金の枠をつける加工が必要なため、お渡しは全部いっぺんにとのこと、出来上がりの日を楽しみにして、記念にパチリ♪

DSC04905.jpgshukushou

本当に素晴らしいカメオをゲットされ、良かったですね!しばし出来上がりをお待ちくださいませ。

もう一つおまけに・・・

以前シェルカメオのランプシェードをお見せしたことがあったと思いますが、

兄のヴィンチェントォと弟のチーロ・マッツァの共同作品♪

DSC04901.jpgshukushouDSC04902.jpgshukushou

こういうのがさらっとベッドの脇においてあったり、玄関においてあったりすると素敵ですよね!

そして今回初めてこちらのランプシェードも見せていただきました♪

DSC04899.jpgshukushouDSC04900.jpgshukushou

素敵ですよねー!

次から次へとお宝が出てくるので本当にここはワンダーランドのようです♪

カメオは一つ一つが芸術性が高く、こちらにあるのはすべて作家ものの1点ものです。

ゆえにぜひぜひ早めにお買い物同行サービスにお申し込みくださいね。

きっとあなたにぴったりなカメオが待っていることでしょう。

あなたからのお問い合わせ、お待ちしております♪

サロン・ド・リシェスお問い合わせフォームへ

※お問い合わせには「カメオのお買い物同行」とお書きくださいませ。

 

 

↓ こちらをクリック♪

logo1_3

サロン・ド・リシェスWEBへ;サロン・ド・リシェスお問い合わせフォームへ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. DSC03977.jpgshukushou
  2. DSC02427shukushou
  3. IMG_0470
  4. 2
  5. DSC03515.jpgshukushou
  6. IMG_0381
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

サロン・ド・リシェスとは

代表あいさつ

お問合せ

リシェスへ

リシェスバナー

サービス内容

サービス内容

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。