犬・猫 殺処分0を目指して!

この記事は2分で読めます

DSC00196shukushou

みなさま

ごきげんよう♪

ファッションコンサルタントのアベです♪

今日は私がなぜ会社を設立したか、その想いについて、この場を借りて書きたいと思います。

小さいころから生き物が大好きで、生き物に囲まれて育ちました。

父が虫を怖がらないようにと、カミキリムシを見つけて私の胸にとまらせ、怖くないよ、ステキなブローチだね!と言って虫への恐怖心をなくしてくれました。

他にも、父自身はヘビが嫌いなくせに、山の中でヘビをみつけて手に持って、ほら、尾っぽを持てば大丈夫だよ、とヘビを持たせてくれたり(笑)、

おかげさまで、生き物という生き物が愛おしく思えるように育ちました。

今まで飼った経験がある生き物は、

鳥類:セキセイインコ、オカメインコ、ボタンインコ、

現在はズグロオトメインコ

魚類:熱帯魚全般かなりの数!

爬虫類:カリフォルニアキングスネーク、フトアゴヒゲトカゲ、アオジタトカゲ、現在はレオパードゲッコー、

哺乳類:犬、猫 です。現在は犬1匹、猫3匹と共に暮らしております。

これだけの数いますと、やはり動物たちのお世話から毎日が始まります。

犬や猫はダイレクトに起こしに来てくれますし(笑)

彼らがなるべくストレスなく、毎日を快適に過ごせるよう、環境、フード、愛情にと、全身全霊をこめて育てています♪

ペットを飼われている方たちはみな同じ想いだと思います。

しかしこうして愛情いっぱいに育っている子たちだけでない辛い現実が一方であります。

年間30万頭以上の犬や猫が殺処分されているってかなりおかしな現実です。

飼い主のモラルによるところが大きいのも問題です。

捨てる原因の理由の主な3つが、

「引越すから」

「子どもが生まれたから」

「思ったより大きくなりすぎたから」

なんて理由でしょうか。どれも命を捨てる理由にはなりません。そしてどれも事前にペットを飼う前にわかる事情ではないでしょうか。

迎え入れる側の教育がまったくされていないということがこうした悲惨な現実を生む原因です。

例えば、犬を飼うにしても、愛情だけではその犬が本当に幸せか否かは別です。

その犬の種のもつ性格、運動量、犬にふさわしいフード、その犬が成長するのに必要な環境、狂犬病の予防注射、ワクチン代、病気になった時には病院へ行ける等の経済力、そこまで見極めて納得してから家族に迎え入れないと、本当に大変な目に合います。

なんとかこうした現実を少しずつでも変えていけないものだろうか。

私が会社を興した理由の一つには、犬や猫の殺処分0を目指したい、売上の一部を殺処分0に向けて頑張っている団体に寄付したい、という熱い想いからでした。

こうした想いをもっている方たちと一緒に近いうちにイベントをしようということになりました。

その際にはぜひみなさま、お友達にも声掛けしてお集まりくださいませ♪

DSC00196shukushou

ピットブルの赤ちゃんです♪

 

↓ こちらをクリック♪

logo1_3

サロン・ド・リシェスWEBへ

WEBもご覧くださいませ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. DSC00199shukushou
  2. shukushouDSC00220
  3. IMG_20141009_182017
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

サロン・ド・リシェスとは

代表あいさつ

お問合せ

リシェスへ

リシェスバナー

サービス内容

サービス内容

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。