「インテリアライフスタイル2014」に行ってきました♪ part2

この記事は2分で読めます

russell-7200jp-1

皆さま、こんにちは。
インテリアコンサルタントの宮本幸知です。

さて、前回に続きまして「インテリアライフスタイル2014」の模様をリポートいたします!

パンフ

今回は、キッチン用品が並ぶ「KITCHEN LIFE / EVERYDAY」
エリアです。こちらにも沢山の出展ブースが並んでいました。

ステンレスボトルでおなじみの「サーモス」
自動車で有名な「プジョー」にはナツメグミル!なんてものもありました。(ナツメグ専用なんて!とってもピンポイントな商品ですよね。でも気持ちいいぐらいに削れました。)

そして、最近あちこちのインテリア・雑貨ショップで見かけるミニマムなサイズの調理家電が人気の「レコルト」

sante

↑ レコルトの「ソロブレンダー サンテ」
コンパクト&スリムなデザインで女性でも使いやすいと思いますよ!

その中で私が注目したのは「大石アンドアソシエイツ」のブースです。

私も愛用しているイギリスの家電ブランド「ラッセルホブス」の商品が並びます。

russell

この夏デビューし、量販店で展開する調理家電シリーズ
「DESIRE(デザイア)」が並べられていました。

今までのラッセルホブスではおそらく見かけたことのない、
真っ黒に赤がアクセントになったスタイリッシュな家電。

日本人に合うようにサイズなどを考えて作られた、日本だけの商品だそうです。
ブレンダーやトースター、ミキサーとシンプル&コンパクトですが存在感があります!!
(※ここでも写真が撮れなかった為、ありったけの言葉を使って表現してみました…)

にしても、ラッセルホブスの商品は「カッコイイ」「スタイリッシュ」という言葉が似合いますね。

とても上品&高級感が漂うモノ作りをするメーカーだと思います。
男性にも女性にも好まれるデザインではないでしょうか。

「DESIRE(デザイア)」シリーズは若い方や単身・少人数の世帯などに人気が出そうな商品だな…なんて思ったりして。

russell-7200jp-1

↑ こちらは私が自宅で使用しているラッセルホブスの電気ケトルです。
注ぎ口が細いのが他のメーカーには無い特徴ですね。
お湯が垂れることも無く、コーヒーのドリップもしやすいですよ!
ステンレス製なのでプラスティックの臭いがお湯に付く…なんてことも気にならないと思います。

さてさて、「KITCHEN LIFE / EVERYDAY」エリアを後にして
次回のリポート第三弾は、質の高いジャパンデザインが並んだ
「JAPAN STYLE」のエリアをお送りします!

どうぞ、お楽しみに♪

 

logo1_3 

サロン・ド・リシェスWEBへ
WEBもご覧くださいませ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2277
  2. ミーレ3
  3. urushilump
  4. マシュマロ
  5. DSC01190
  6. design-bussann
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

サロン・ド・リシェスとは

代表あいさつ

お問合せ

リシェスへ

リシェスバナー

サービス内容

サービス内容

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。