インテリアコンサルタントの 宮本幸知です♪

この記事は2分で読めます

P1000849

皆さま初めまして、インテリアコンサルタントの宮本幸知です。

今日はご挨拶がてら簡単な経歴をお話しをさせていただこうと
思います。

私がインテリアの道に足を踏み入れたのは今から12年程前。
それまではレコード会社で音楽漬けの日々でした…。

とは言っても、インテリア大好き♪な性分は昔から変わらず
ELLE DECOなどの雑誌を見ては「わぁ、こんなお家に住みたい」
「このイス欲しいなぁ!」と想像を膨らませる毎日でした。

いろいろなインテリアショップをめぐり、自分では手の出せない
高級なイスに腰かけウキウキするような、そんなうら若き時代も…。

 

そんな音楽漬け&インテリア好きの日々から、ある日思い立ち
プロダクトデザインを学ぶことになったのですが、
その際とても影響を受けたのが「MUTECH(ミューテック)」
という家電メーカーの製品デザインをされていたプロダクト
デザイナーの岩崎一郎さんです。

img12c8cf6bjebqv3mutec610

「素敵!こんなカッコイイ電話機がもっと沢山世の中にあっていいのに!」とおせっかい(?)ながら思ったわけです。

これが発売された2000年辺りは「デザイン家電」という言葉も一般的ではありませんでしたし、日本の電機メーカーでこのようなデザインの電話機があったかな?と。

まさにインテリアと調和する、というよりインテリアの一部となった家電だと思いました。

確かこの電話機も家電量販店ではなく、インテリアショップで売られていましたしね。

 

そういえば今も沢山のインテリアショップで家具と一緒に家電も売られていますよね。

おそらく、インテリアと調和した家電を選びたい方が沢山いらっしゃるのだろうなと思われます。

「イエナカ」などという言葉も浸透してきた昨今、住空間の環境を快適に美しくされたい方も多いのでしょうね。

私自身、そのような方のお手伝いができればと思い、このコンサルタントのお仕事をさせていただいております。

 

さてさて、プロダクトデザインを学んだ後インテリアスタイリングのアシスタントをしていた頃のことです。

大好きな方も多いでしょう!

P1000852

ハイ!私も大好きな「マリメッコ」です。

フィンランドを含め、冬が長く厳しい寒さの北欧では室内で過ごす時間が多いためにインテリアデザインが発展していった、などと言われていますよね。

P1000847

北欧独特の色使い(元気になれる鮮やかなカラー、落ち着きのあるくすんだカラー、力強い深みのあるカラー)が素敵ですね。

この色の組み合わせが絶妙で、日本のものとはまた違った雰囲気を醸し出していると思います。

P1000849

私もこんな素敵な空間に住みたいです!

 

皆さまはどんな空間に住みたいですか?
今あるお部屋をこんな風にしたいな~と妄想膨らませたりしていますか?

その想像や妄想を実現させるべく、これから私と一緒にインテリア探しに出かけましょう!

沢山の方がインテリアを通じてドキドキ・ワクワク&ハッピーな毎日を過ごされますように!

 

logo1_3 
サロン・ド・リシェスWEBへ


WEBもご覧くださいませ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2277
  2. IMG_2094
  3. バブル
  4. design-bussann
  5. urushilump
  6. russell-7200jp-1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

サロン・ド・リシェスとは

代表あいさつ

お問合せ

リシェスへ

リシェスバナー

サービス内容

サービス内容

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。